お金増やす計画net投資商品の種類>10.外国(海外)株式ファンド

10.外国(海外)株式ファンド

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
外国株式ファンドとは

 外国株式ファンドは、海外ファンドとも呼ばれます。
 日本以外の国の株式インデックスへ分散投資するファンドです。

 どんなインデックスがあるかというと、
 各国のインデックス、先進国全体のインデックス、新興国全体へのインデックス、世界全体へのインデックスがあります。

 先進国のインデックスでは「MSCI DM」。日本を除く先進国23カ国が対象。
 このインデックスの過去リターン(20年)は9.1%。リスク16.9%。

 新興国のインデックスでは「MSCI EM」。新興国25カ国
 過去リターン(20年)12.2%。リスク27.6%。

 世界全体のインデックスで有名なのが、MSCI ACWI(日本除く)指数。先進国と新興国あわせて48カ国のインデックスになります。
 リターン等は以下の通り。

■購入金額: 1万円〜

■過去リターン(MSCI ACWI日本除く 1990年〜2010年): 9.3%

■リスク(標準偏差): 17.3%

■コスト:
 ・売買手数料 なし〜3%
 ・信託報酬 1.0%〜
 ・信託財産留保額 なし〜

■税金:
 分配金 源泉徴収20%
 売却益 申告分離課税20%
  ※関連: 投資信託の種類と税金(損益通算)

資産運用への利用法

 資産クラスは、「外国株式」に入ります。

 海外ETFか、この外国(海外)株式ファンドのどちらかは運用したいものです。

 どのインデックスに投資するべきかは一概に言えません。

 新興国は高いリターンが期待できますが、リスクが高いです。
 先進国は、ややリターンが低くなりますが、リスクも低くなります。

 考え方としては、次の3通りくらいあるでしょうか。
 1.先進国と新興国両方に投資するバランス型ファンドで行う
 2.先進国、新興国、それぞれへ投資するファンドを一つづつ購入する
 3.先進国ファンドだけにする。

 先進国へ投資しておけば、とりあえず、そこそこの世界平均を得ることが出来ます。

 本当に、長期投資を考えているなら、新興国へも投資しておくべきです。
 新興国は、1年で見ると変動率は高いためハイリスクです。
 しかし、長期投資していれば、高い変動率の振れ幅は小さくなっていきます。変動率が平均化されていくのです。
 20年30年という時間、投資し続けるなら、リスクを気にしすぎるのは、最終的に損することになるかもしれません。

外国株式ファンドの選び方

 インデックスファンドの場合、どういう種類のファンドを探すにしても
 ・信託期限は無期限
 ・分配金の再投資型
 ・ノーロード(購入手数料無料)
 ・純資産額が順調に増加中
 であることは共通の条件です。

 その他の条件は下表の通り。

投資先別ファンド 純資産額 信託報酬
先進国 50億円(なるべく100億円)以上 0.9%未満
新興国 10億円以上 0.9%未満
先進国+新興国 10億円(なるべく50億円)以上 1.4%未満

 ベンチマーク、つまり投資する基準となるインデックスは、どれでもいいです。販売されているファンドは、全て、一般的に認知されているインデックスを利用するからです。ほとんどのファンドは、MSCIインデックスです。

 先進国+新興国のファンドは、バランス型に分類されます。
 その場合、投資先のファンド(マザーファンドか、ファンドオブファンズのファンド)のベンチマークを調べましょう。それも、多くはMSCIインデックスです。

 ちなみにMSCIインデックスは、幾つか種類があります。
 ・日本除く先進22カ国へ投資するインデックスが、MSCI K(コクサイ)
 ・新興25カ国へ投資するインデックスが、MSCI EM(エマージングマーケット)
 ・先進22カ国、新興25カ国、フロンティア22カ国のMSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)
 ※MSCIインデックスの投資対象国は適宜見直される

 2012年10月時点ですが
 これらの条件で、ファンドを検索すると下表の通り。
 純資産額は毎年変化するので、ここに名前のないファンドも来年には純資産額の基準を満たしているかもしれません。

※2012年10月調べ
投資先 ファンド名 純資産額 信託報酬 販売会社
先進国 年金積立インデックス
ファンド海外株式(ヘッジなし)
76.19
億円
0.882% SBI証券
楽天銀行・証券
SMT グローバル株式
インデックス・オープン
175.42
億円
0.525% SBI証券
楽天銀行・証券
カブドットコム証券
eMAXIS先進国株式
インデックス
79.12
億円
0.63%
新興国 SMT 新興国株式
インデックス・オープン
93.31
億円
0.63%
eMAXIS新興国株式
インデックス
143.42
億円
0.63%
先進国
+新興国
eMAXIS全世界株式
インデックス
12.67
億円
0.63% SBI証券
カブドットコム証券
トヨタアセットバンガード
海外株式ファンド
171.37
億円
1.3005
楽天銀行・証券

 「先進国+新興国」へ投資するファンドは、まだまだ投資してもよいと思えるファンドがありません。「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」しかないのですが、最近、「eMAXIS全世界株式インデックス」という信託報酬が、非常に安いファンドが現れました。
 このファンドの成長を待ちたいところです。純資産額が心もとないので、長期投資するにはちょっと安心できません。勇気のある人が購入していくのを待った方がいいと思います。

 待てない人は、新興国で一つ、先進国で一つファンドを買っていくのがいいでしょう。


資産クラス別
投資方法
円貨 外貨
1.日本株式
2.日本債券
3.外国株式
4.外国債券
1.株式投資
2.投資信託(ファンド)
2-1.国内ETF
3.不動産投資
4.不動産ファンドREIT
5.債券
5-1.国内債券ファンド
6.MRF・MMF
7.銀行預金
8.くりっく株365(CFD)
9.外国株式
10.外国株式ファンド
11.海外ETF
12.外国債券
13.外国債券ファンド
14.外貨MMF
15.外貨預金
16.FX
17.バランスファンド
税金関係⇒ ・投資信託 投資信託の種類と税金(損益通算)
・全体的な 投資の課税・税金・損益通算


 ⇒ 資産運用口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net