お金増やす計画net投資商品の種類>8.くりっく株365(CFD)

8.くりっく株365(CFD)

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
くりっく株365(CFD)とは

 くりっく株365は、CFDの一つ。
 株式インデックスへのCFD投資を行う商品です。

 CFDは一般的には、価格差益を取る投資商品ですが、「買い」の投資の場合、配当相当額を受け取れます。

 2011年1月現在、日経225、DAX(独国)、FTSE100(英国)、FTSE中国25、FTSE TWSE台湾50の5つのインデックスに投資できます。

 外国の指数へ投資することができますが、すべて円建てです。
 為替の影響はありませんので、円貨資産としての運用になります。

 今まで存在したCFDは
 一定の期間しか、投資していられません。3ヶ月程度で一度、決済させられてしまうのです。
 そのため、長期投資ができなかったのです。

 ところが最近サービスを始めた「くりっく株365」では、ずっと保有していられるので、長期投資が可能になったのです。

 もう一つのポイントは、「レバレッジ運用」ができることです。
 レバレッジは「FX」で有名になりましたが、少ない投資資金でも大きな取引ができるようになるのが「レバレッジ」です。

 さらに、受け取れる配当相当額が多く、日経225で約2万円/1枚。
 インデックスファンドの場合、インカムゲイン(分配金)がほとんどありません。支払い実績をみればほぼゼロになっています。数年に1度程度しか支払われないようです。
 それを考えると、1枚買うと2万円近い配当相当額が受け取れるのは大きいと言えます。
 しかも、キャピタルゲイン(価格益)は、同じなのですから。

■購入金額(日経225):
 (例)レバレッジ2倍で、3枚買う場合
  購入に必要な金額の計算式は
  (日経225指数)×100円÷(レバレッジの倍数)×購入枚数。
  これに当てはめると、10000×100円÷2×3枚=150万円
  レバレッジ2倍で、3枚買うには、150万円必要。

■過去リターン(日経225 1990年〜2010年): -4%
 参考:
 2011年の配当相当額は、1万8830円/1枚。
 年率で、1.8%くらい。

■リスク(標準偏差): 20.9%

■コスト(買い建玉):
 ・売買手数料 片道210円/1枚
 ・スプレッド1枚につき、数円程度
  ※海外指数のスプレッドは、為替リスクも影響する
 ・金利相当額(日銀政策金利をもとに算出)
  ※現在、ゼロ金利政策をとっていますので、1枚につき1日1円程度。

■税金: 申告分離課税20%
 ※関連 投資の課税・税金・損益通算

資産運用への利用法

 資産クラスは、「株式投資」に入ります。

 日経225指数へ投資すれば、日本株式インデックスファンド(またはETF)に投資しているのと同じ効果があります。

 また、外国株式の指数へも投資できます。
 ただし、「円建て」であり、為替の影響を受けません。
 純粋に、その指数へ投資します。
 よって、外国の指数であっても「円貨資産」に入ります。

 外国の指数へ投資する場合、分散効果としては、地域への分散になります。景気の良い国へ分散投資するという考え方です。
 為替へのリスク分散は「FX」「外貨MMF」を利用するようにして、分けるようにすればよいでしょう。

 「買い」の投資を行えば、金利相当額を支払います。
 しかし、配当相当額を受取れます。配当相当額は、金利相当額より多いので長期投資でも心配要りません。(政策金利が特別に上昇したりすれば、金利相当額の方が多くなる可能性もあります)

 株式インデックスへ、レバレッジをかけて投資できるというのは、大きいです。
 インデックスファンドやETFへ投資するよりも、大きなリターンを得ることが出来るかもしれません。

 ただし、レバレッジは1.2倍程度で、軽くかけておけば十分です。
 欲張らないほうが、安全です。
 インデックスファンドなら、下落しても、しばらく待っていればいいのですが、
 レバレッジをかけた「くりっく株365」では、ロスカットされてしまう可能性があるからです。

 短所は、たくさんの運用資金が必要な事です。
 日経225指数へ投資する場合、
   1枚の購入に必要な金額
   =日経225指数×100÷レバレッジ
   =9500円×100÷1.2
   =79万1666円
 これだけの資金が必要です。

 しかも、リバランスを行うには、1枚では難しく10枚くらいは投資できる必要があるでしょう。
 800万円前後の資金がないと、リバランスまで行うことはできません。

 一つの考え方として
 インデックスファンドへも投資しておき、リバランスは、インデックスファンドで行うということも考えられます。
 そのうち、運用資金が増えてきたら、くりっく株365だけでも、リバランスが行えるようになるでしょう。

※関連: 年率10%(くりっく株365)


資産クラス別
投資方法
円貨 外貨
1.日本株式
2.日本債券
3.外国株式
4.外国債券
1.株式投資
2.投資信託(ファンド)
2-1.国内ETF
3.不動産投資
4.不動産ファンドREIT
5.債券
5-1.国内債券ファンド
6.MRF・MMF
7.銀行預金
8.くりっく株365(CFD)
9.外国株式
10.外国株式ファンド
11.海外ETF
12.外国債券
13.外国債券ファンド
14.外貨MMF
15.外貨預金
16.FX
17.バランスファンド
税金関係⇒ ・投資信託 投資信託の種類と税金(損益通算)
・全体的な 投資の課税・税金・損益通算


 ⇒ 資産運用口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net