お金増やす計画net投資商品の種類>資産クラス「日本債券」の投資商品の選び方

資産クラス「日本債券」の投資商品の選び方

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
資産クラス「日本債券」とは

 資産運用の分散投資を行うさいに、投資商品を4つの資産クラスに分類しました。
 「日本株式」「日本債券」「外国株式」「外国債券」の4つです。

 「日本債券」には、債券(日本の国債、社債)、MRF・MMFなどが入ります。

資産クラス「日本債券」では、どのように投資するか

 債券にも、いろいろな種類があるのですが、基本的には、固定金利型の債券(固定利付債券)へ投資します。

 満期時の元本保証があり、金利も固定されていて分かりやすいからです。
 販売されている「債券」商品も、固定金利型の債券(固定利付債券)がほとんどです。

 債券市場で売買することは、個人投資家、特に初心者には難しいことです。
 債券市場では、債券の金利によって債券価格が変動しています。
 その価格リスクをとって利益を出そうとするのは、大変なことです。

 それよりも、満期まで債券を保有して、金利利息をきちんと受け取っている方が安全です。

 その場合、注意すべき事はたった一つ。
 債券の金利利息が高い時に買えばいいということです。

 それ以外のときは、買う必要がありません。

 投資すべき債券の種類は、個人向け国債が良いように思えます。

 社債は、国債よりも信用リスクがあります。

 債券ファンドもインデックスへ投資しているものを選ぶのは良いですが、手数料がかかりますから。

 それなら、国債でよいと考えるわけです。

 債券は、金利利息が高い時に買う商品です。

 さて、
 国債の金利はどうでしょうか。買うに値するでしょうか。
 個人向け国債(固定5年)の2006年〜2011年の平均利回りは、年利0.788%。一番高い年は、2007年の1.264%。一番低いのは、2010年の0.425%。

 ちなみに、2011年2月募集の個人向け国債(3年固定)は、0.22%。
 ジャパンネット銀行の3年定期は、0.21%。
 楽天銀行の3年定期は、0.24%。
 新生銀行では、2週間満期預金があり、0.30%。

 国債を買うなら、ネット銀行の定期預金で十分だと思うですが…

 それから、国債を買うにはもう一つ問題があります。
 政府借金が多い国は、国債金利が上がると、デフォルト(債務不履行)の懸念が高まる事です。
 日本は、1000兆円の借金でGDP比で2倍です。
 これほど酷い国は、先進国では日本だけです。
 2011年11月に問題となったイタリア(GDP比1.2倍)は、国債金利 7%が危険水準だそうです。
 日本の場合、もう国債金利は上がらないかもしれません。上がるとしたら急上昇するでしょうからデフォルトになる可能性が高いです。

どこで取り扱っているか

 ※国債は、何時でも買えるわけではありません。

 債券 : 証券口座
 MRF・MMF : 証券口座

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

 ⇒ 資産運用口座の選び方 

 次⇒ 資産クラス「外国株式



資産クラス別
投資方法
円貨 外貨
1.日本株式
2.日本債券
3.外国株式
4.外国債券
1.株式投資
2.投資信託(ファンド)
2-1.国内ETF
3.不動産投資
4.不動産ファンドREIT
5.債券
5-1.国内債券ファンド
6.MRF・MMF
7.銀行預金
8.くりっく株365(CFD)
9.外国株式
10.外国株式ファンド
11.海外ETF
12.外国債券
13.外国債券ファンド
14.外貨MMF
15.外貨預金
16.FX
17.バランスファンド
税金関係⇒ ・投資信託 投資信託の種類と税金(損益通算)
・全体的な 投資の課税・税金・損益通算


 ⇒ 資産運用口座の選び方

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net