お金増やす計画net投資商品の種類>資産クラス「外国株式」の投資商品の選び方

資産クラス「外国株式」の投資商品の選び方

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
資産クラス「外国株式」とは

 資産運用の分散投資を行うさいに、投資商品を4つの資産クラスに分類しました。
 1.日本株式
 2.日本債券
 3.外国株式
 4.外国債券

 「3.外国株式」に入る投資商品は、外国株式個別銘柄外国株式ファンド海外ETFなどです。

資産クラス「外国株式」では、どのように投資するか

 外国の株式を個別銘柄で、投資するのは、非常に難しいです。

 インデックスに連動した運用をする場合、
 一つの株式市場において、個別銘柄では20個以上が必要です。

 先進国から、1国。
 新興国から、1国選んで行っても、40銘柄以上をそろえなくてはなりません。

 外国株式では、「プチ株」「ワン株」「S株」の取り扱いはありません。
 資金面で、とても無理でしょう。1銘柄平均50万円として、40銘柄で、2000万円必要です。

 もう一つの短所は、投資できる国と銘柄が少ないことです。分散投資を満足に行い難いのです。

 そのため、株式の個別銘柄はおすすめできません。
 多額の資金を持っている人は、投資できる国の個別銘柄を保有することを検討しても良いですが…。それでも、それ以外の国のへは株式ファンドを利用するしかありません。

まずは、インデックスファンドにしよう!

 インデックスファンドのベンチマークはいろいろあります。
 ベンチマークとは、連動させるインデックスのことです。どのインデックスの動きに合わせて運用するか、という基準です。

 インデックスもいろいろあります。
  1.国別
  2.先進国
  3.新興国(エマージング)
  4.フロンティア(先進国、新興国以外の国・地域)
  5.先進国+新興国
  6.先進国+新興国+フロンティア

 「MSCIワールドインデックス」はとても有名なインデックスで、投資信託のベンチマークによく利用されています。

インデックス名 構成国
MSCI コクサイ(円)(除く日本) 先進国 22カ国
MSCI EM(円) 新興国 25カ国
MSCI FM(円) フロンティア 22カ国
MSCI ACWI(円)(除く日本) 先進国+新興国 47カ国
MSCI ACWI FM(円)(除く日本) 先進国+新興国+フロンティア 69カ国

 このようなインデックスに投資すれば、個別銘柄よりも確実にリスク分散することができます。

 これ以外のインデックスをベンチマークとしている投資信託もあります。
 そういう投資信託でも、特に問題ありません。

 分散効果だけでなく、投資金額も小額から可能です。
 一般的には1万円から、投資できます。

 ネット証券会社なら500円から積立てることができます。
 カブドットコム証券SBI証券では、500円から。

 どういう投資信託が良いかは、
 「外国株式ファンド」で紹介してあります。

外国ETFもあるが…

 ETFは、多額の投資金額で行った方が、その利点を活かせます。

 ETFの利点は、信託報酬が安く、インデックスファンドの半分程度です。
 ただし、売買手数料がかかるため、10万円以上で投資しないとあまり安くなりません。
 (カブドットコム証券には売買手数料無料のETFがある)

 また、分配金の再投資型はありません。
 分配金は必ず受け取らなくてはならず、複利運用に向きません。
 受け取った分配金を自分で再投資するためには、10万円以上の分配金が貯まるまで投資できません。さらに、投資する際には、当然、売買手数料が掛かります。

 こういう欠点があるため、ある程度の多額の資金を必要とします。
 分配金の複利運用を考えると、数百万円くらいは運用したいものです。

 ですから、あまりETFでの投資にこだわる必要はなりません。

 ETF運用の一つの方法としては、
 まず、インデックスファンドで運用して、運用資金をためていきます。
 予定額が貯まった所で、インデックスファンドを売却し、同じインデックスのETFを購入すればいいわけです。

 その際、残りの運用期間も考えなくてはなりません。
 ETFが低コストになるのは、長期投資の場合です。
 もうほとんど運用する期間がない場合は、そのままインデックスファンドで運用していくのが良いでしょう。

どこで取り扱っているか

 外国株式 : 証券口座
 外国株式ファンド : 銀行、証券口座
 海外ETF : 証券口座

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

 ⇒ 資産運用口座の選び方 

 次⇒ 資産クラス「外国債券



資産クラス別
投資方法
円貨 外貨
1.日本株式
2.日本債券
3.外国株式
4.外国債券
1.株式投資
2.投資信託(ファンド)
2-1.国内ETF
3.不動産投資
4.不動産ファンドREIT
5.債券
5-1.国内債券ファンド
6.MRF・MMF
7.銀行預金
8.くりっく株365(CFD)
9.外国株式
10.外国株式ファンド
11.海外ETF
12.外国債券
13.外国債券ファンド
14.外貨MMF
15.外貨預金
16.FX
17.バランスファンド
税金関係⇒ ・投資信託 投資信託の種類と税金(損益通算)
・全体的な 投資の課税・税金・損益通算


 ⇒ 資産運用口座の選び方

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰属します。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net