お金増やす計画net資産運用口座一覧>資産運用口座の選び方

産運用口座の選び方

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
1.最初に用意する口座

 ポートフォリオが決まっていないと口座は選べません。
 (ポートフォリオの作成方法→資産運用のやり方

 ポートフォリオに入れる投資商品を扱っている口座が必要です。

 とにかく、ネット口座が良いです。

 ネット口座は、手数料が安いし、受け取れる金利は高いです。
 インターネットですから手間も掛かりません。

 そして、なにより、窓口店員と話をしなくてよい、ということ。
 窓口店員のアドバイスは営業トークなので、
 投資家には「100害あって1利なし」といわれています。

口座種類 パターン1 パターン2 開設順番
銀行口座 資金の入出金用 1
証券会社 証券口座 投資信託 投資信託 2
FX口座 必要なら開設 開設しない 3
くりっく株365 必要なら開設
FX専業会社 開設しない 高金利を得るめ
くりっく株365専業 資産運用を開始してから考えてOK 4

 銀行口座でも、投資信託を扱っていますが、銀行は、資金を動かす中継地点と考えた方がよいでしょう。
 まずは、銀行口座。(→銀行口座の「金利」や「便利さ」を比較
 次に、証券口座。(→証券口座の商品・サービス比較

 「パターン1」と「パターン2」の最大の違いは、FX専業会社の口座を開くかどうか、です。

 「パターン1」の場合、
  ・FXは使うつもりが無い人
  ・なるべく同じ会社でまとめておきたい人
 に向いています。

 ちなみに総合証券会社で、くりっく株365口座があるのは、カブドットコム証券しかありません。
 とりあえずカブドットコム証券にしておいて、「FX」と「くりっく株」はあとで考えるということにしてもいいと思います。

 「パターン2」は、FX専業会社の方が、スワップ金利(受け取れる金利)が高いです。証券会社のFX口座と比較すると、年率1〜3%は違ってきます。
 FXの運用は、資産運用をはじめてから考えても間に合います。
 必要を感じたら口座開設を考えましょう。
 (→FX口座の比較

2.証券口座を選ぶ

 次に投資する商品は、自分のポートフォリオにそって投資していけばいいでしょう。
 その場合、証券会社が必要になります。

 証券会社の特徴から比較したページ「証券口座の商品・サービス比較」をご覧下さい。簡単な概要は下表にまとめました。

証券口座 特徴 即時入金対応銀行
カブドットコム証券 投信だけでなくプチ株の500円積立ができるため、株式20銘柄をそろえることもできる。ジャパンネット銀行から自動引落もできる。手数料無料のETFもある。 ジャパンネット銀行
楽天証券 楽天ポイントが貯まりやすく、利用者には便利である。外貨MMFに南アランドがある。千円積立あり。 楽天銀行
SBI証券 投信の500円積立が出来る。
最多の投信数で、コストの安いファンドも見つかる。外貨MMFに南アランドがある。
ジャパンネット銀行
楽天銀行

・その他多数

【特別口座と一般口座】
 証券会社に口座を開く時、特別口座「源泉徴収有り」か特別口座「源泉徴収なし」か一般口座か、3つの中から選ばなくてはなりません。
 結論を言うと、特別口座「源泉徴収なし」でいいと思います。
 (詳細→ 特別口座と一般口座の選び方

口座比較

1.銀行口座の「金利」や「便利さ」を比較
2.証券口座の商品・サービス比較
3.FX口座の比較
4.くりっく株365口座の選び方

関連: 証券会社の特別口座と一般口座の選び方


 ⇒ 資産運用口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net