お金増やす計画net資産運用口座一覧>特定口座と一般口座の選び方

「特定口座と一般口座」の選び方

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
特定口座と一般口座のどちらを選ぶべきか?

 証券会社に口座を開く時に、
  ・特定口座(源泉徴収あり)
  ・特定口座(源泉徴収なし)
  ・一般口座
 の中から、どのタイプの口座にするか選択しなくてはなりません。

 おすすめの選び方は
 特定口座「源泉徴収なし」で、口座を開設することです。

 口座の種類は、1年に1回、変更する事ができます。

 そして、資産運用と税制について慣れてきたら、もう一度よく考えて、必要なら特定口座「源泉徴収あり」か「一般口座」を選択するようにすればいいでしょう。

 最初の1,2年は確定申告するほど利益が出ないと思います。
 (200万円以上を運用するような人は別ですが…)
 最初の一年目は、確定申告用紙をもらってきて、練習するといいですよ。
 それほど難しくはありません。

特定口座、一般口座とは何か

特定口座と一般口座の特徴

 簡単に言うと、特定口座は、確定申告の面倒を減らすための口座です。
 (逆に、面倒になっているとしか思えないが…)

 特定口座には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があります。

種類 確定申告の手間 税金の優遇など 扶養控除
特定口座
「源泉徴収あり」
基本的に確定申告不要 売却毎に税金が引かれるため資金効率が落ちる どれだけ稼ごうと扶養から外れない
特定口座
「源泉徴収なし」
年間取引報告書をくれる 給与所得者は20万円まで確定申告しなくて良い 扶養から外れる可能性がある
一般口座 すべて自分で確定申告を行う

 詳しくは、証券会社へ問い合わせるか、ホームページでご確認ください。

特定口座の対象となる投資商品

 対象となる投資商品は、証券会社によって異なる場合があります。
 主に、国内上場している「株式、ETF、REIT、外国株式」、日本籍の投資信託です。

 対象外の投資商品は、「外国籍の投資信託(外貨MMFも)」、「債券、先物・オプション、海外先物、FX、CFD、カバーワラント」です。外国上場の外国株式も対象外する証券会社が多いです。

口座の切り替え

口座の切り替え 変更後の口座
特定口座
「源泉徴収あり」
特定口座
「源泉徴収なし」
一般口座
今の
口座
特定口座
「源泉徴収あり」
- 年度当初 いつでも
特定口座
「源泉徴収なし」
年度当初 - いつでも
一般口座 開設可能、中身の移動は不可。
併用する形式になる
開設可能、中身の移動は不可。
併用する形式になる
-

 一般口座から特定口座への切り替えは、ちょっと面倒になります。
 一般口座で保有している投資商品を「特定口座」へ移すことは出来ないからです。

 一般口座をもったまま、特定口座を開設するので、2種類の口座を併用することになります。
 そこで、一般口座の中身をすべて売却して、特定口座一つだけで運用するという方法もあります。

扶養控除に関して

 主婦・学生などは、世帯主(夫や父親)の扶養になっている場合があります。
 扶養控除により世帯主の税金が安くなっているのです。

 そのため「主婦・学生など」は、扶養控除から外れない特定口座「源泉徴収あり」をおすすめしているのをよく見ます。
 しかし、資産運用の場合、この効果は無いと思います。

 資産運用の場合、特定口座「源泉徴収あり」の対象外の投資商品(外国籍投資信託、外貨MMFやFXなど)も購入します。
 結局、自分で確定申告するので、「扶養控除から外れない」という制度の対象外になってしまうのです。

 そもそも、「主婦」は、世帯主と相談の上、資産運用するでしょうから、最初から世帯主名義で証券口座を開設すればいいのです。

 「学生」の場合は、ちょっとややこしいですが。
 『(アルバイト所得−65万円)+(株や配当、FX所得など)』が38万円までなら、扶養から外れない(確定申告も不要)らしいです。
 ※税金のことは専門家にご確認を!

 年率10%の場合、38万円の利益をだすには、380万円を運用する必要があります。これは学生にとっては大金ですから、だいたいの学生は大丈夫でしょう。


 ⇒ 資産運用口座の選び方

口座比較

1.銀行口座の「金利」や「便利さ」を比較
2.証券口座の商品・サービス比較
3.FX口座の比較
4.くりっく株365口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) 初心者の資産運用入門|お金増やす計画.net