お金増やす計画net>3.低コストのTOPIX連動型インデックスファンドで増やす

3.低コストのTOPIX連動型インデックスファンドで増やす

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編
資産運用の基本はインデックスファンドにある(*^^)v
インデックスファンドで資産運用
 日本株式市場へ投資する場合
 ベンチマークとして利用されるインデックスは
 次の2つが有名です。
  @日経225(日経平均)
  ATOPIX

 @日経225は、東証一部上場銘柄から代表的な225銘柄の株価の平均値です。高い株価の影響力が大きく、ハイテク企業に高い株価の銘柄が多いためハイテク株の動きに影響されてしまいます。

 ATOPIXは、東証一部上場銘柄の全銘柄を対象にして指数化したもの。基準日(1968年1月4日)の時価総額を100として計算されています。

 そのような指数計算方法に違いがあるため
 ATOPIXの方が、市場全体の平均値に近いと考えられています。

 どちらのインデックスに連動するインデックスファンドの方が良いのか、は一概には言えません。

 しかし
 日経225の場合、偏った株(ハイテク株)の影響を受けやすいことから
 TOPIXに連動するインデックスファンドの方が、安定して運用できる可能性が高いです。

 TOPIX連動型インデックスファンドで
 低コスト(手数料が安い)、
 純資産総額が、適度な額であり、
 配当は、再投資タイプで複利運用もしやすい。という条件が
 高いレベルでバランスの取れているファンド
 『インデックスファンド TSP』というのがあります。
 運用会社は、日興アセットマネジメント。

ファンド名 純資産総額 コスト 配当 販売会社
インデックスファンド
TSP
※十分 ノーロード。
信託報酬0.5616%
再投資を
選択可能
SBI証券
※純資産総額は50億円以上で、投資してもよいレベル。このファンドは十分な純資産総額を維持している。

 SBI証券は
 元「SBIイートレード証券」といいました。
 イートレード証券といった方が知っている人は多いでしょう。
 取り扱い商品が多彩で、個人投資家の愛用者が多い証券会社です。


   1.バランス型(国際分散投資)で増やす
   2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
   3.低コストのTOPIX連動型インデックスファンドで増やす
⇒4.外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす


※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

アフィリエイトこんなワザで稼ぐ催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!速読ってどうよ!お金増やすモン

(C) お金増やす計画.net