お金増やす計画net>2.有名な運用会社バンガード投信で増やす

2.有名な運用会社バンガード投信で増やす

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編
資産運用の基本はインデックスファンドにある(*^^)v
インデックスファンドで資産運用
 バンガード投信とは
 バンガードグループが投信設定・運用する投資信託(ファンド)のことです。

 何故
 バンガードグループの名前を挙げたのか、といいますと。
 理由は2つ。
  @ローコストで有名。
  Aロバート・アレン(米国の億万長者)も推奨している。

 前のページ(バランス型(国際分散投資)で増やす)でも
 名前がでましたが
 コストが安いので有名なのです。

 社名を「ザ・バンガード・グループ」といいます。
 ジョン・C・ボーグルが、彼の理念のもとに創設しました。
 彼の理念とは
 「真に顧客のことを考える投資信託会社としてバンガードグループを創設しました。彼の成功の基準とはいったい何だったのでしょうか。それは他に負けない長期的なパフォーマンス、質の高いサービス、そして低コストです。
」註1

 バンガードグループの業務に対する価値基準は(註2)
  @ベンチマークに負けない長期リターン
  Aマーケティングへの配慮よりも顧客に対する責任を優先
  B公正な取引、誠実、正直の精神で顧客との信頼関係を大切にする

 日本の投資信託は
 顧客を優先しているとは、とても思えません。
 コストは高いし、
 インデックスファンドを知らない窓口店員がいるくらいです。

 手数料の高いアクティブファンドを、販売する事しか考えていません。
 アクティブファンドを紹介するのもいいのですが
 インデックスファンドとあわせ紹介するべきです。

 ある本によれば
 「たくさんの商品を販売して、結果としていい成績を残した投信だけを大きく宣伝するということがあげられます。成績の悪かった投信については、次の年は宣伝を止めたり、場合によっては「償還」といって途中で運用を打ち切ってしまうケースもあります。」註3

 これが事実なら、とんでもないことです。
 日本の投信は、買ってはいけない、といわねばなりません。

 米国においては
 「バンガードという名は、インデックスファンドと同義語」(註4)なのだそうです。
 それほど、米国においては信頼されている人気の運用会社なのです。

 顧客の利益を最優先に考えている素晴らしい会社が
 バンガードグループです。

 よって、日本の胡散臭い(うさんくさい)投資信託(ファンド)を買うよりは
 何十倍も安心できます。

 ところが日本で
 バンガードグループのインデックスファンドを扱っている販売会社が、なかなか見つかりません。

 唯一、私が知っているのは
 マネックス証券だけです。

 マネックス証券で紹介されている
 バンガードグループのインデックスファンドは2つ。
 当然、ノーロード(販売手数料無料)です。
  @バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス
   (略して VGトータルストックマーケット)
  Aバンガード・スモ―ルキヤツプ・インデクス・ファンド
   (略して スモ―ルキヤツプインデクス)

投資信託(ファンド)名 インデックス 配当 純資産 コスト
@VGトータルストックマーケット MSCI US Broad Market Index
(米国株式市場全体)
年4回
分配型
532億米ドル
(2008.5)
口座管理手数料、エクスペンスレシオ相当額=0.78%
為替手数料1万米ドル=片道25銭
Aスモ―ルキヤツプインデクス MSCI USスモールキャップ1750インデックス
(米国小企業の株式)
年2回
分配型
62億米ドル
(2008.5)
口座管理手数料、エクスペンスレシオ相当額=0.85%
為替手数料1万米ドル=片道25銭

 どちらも、米ドル建てになるので、為替手数料が掛かります。
 片道というのは、為替取引は2回手数料が掛かります。
 購入する時の手数料と売却する時の手数料です。そのうちの一方の手数料を片道といいます。つまり、購入時に、1万米ドルあたり25銭かかり、売却時には、同じく25銭かかるということです。

 エクスペンスレシオ相当額というのは
 日本でいう信託報酬のようなものです。

 手数料は、上の表に記載した分だけなので、かなり安いです。

 運用成績も、ベンチマークに沿っており、まったく問題ありません。
 ちなみに、設定来の運用成績(2008.5)は、どちらも年率10%程度。

 唯一欠点をあげるなら
 配当が「分配型」なので、複利運用を行う際には、自分で再投資しなくてはなりません。運用資金が少ないうちは、再投資するのが面倒だったりします。



   1.バランス型(国際分散投資)で増やす
   2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
⇒3.低コストのTOPIX連動型で増やす
   4.外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす


註1 バンガードグループHP
http://www.vanguardjapan.co.jp/about/about01.html
註2 バンガードグループHP
http://www.vanguardjapan.co.jp/about/about02.html
註3 竹川美奈子 著 「投資信託にだまされるな!」p72
註4 バンガードグループHP
http://www.vanguardjapan.co.jp/about/about03.html

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

アフィリエイトこんなワザで稼ぐ催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!速読ってどうよ!お金増やすモン

(C) お金増やす計画.net