お金増やす計画net>4.資産運用口座一覧>くりっく株365(2)インヴァスト証券

くりっく株365(2)インヴァスト証券

サイトマップ
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用 初心者入門
  2. FX 初心者入門
  3. 投資信託 初心者入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
※2011年1月に調べた時の内容

「インヴァスト証券」くりっく株365口座の特徴

 ここで紹介するのは「くりっく365」の口座で、くりっく365FXとは違います。

 くりっく株365は、東京取引所が開設した「取引所株価指数証拠金取引」のことです。(関連:くりっく株365(CFD)

 インヴァスト証券は、くりっく365FXでは有名な人気業者。

 自己資本規制比率は、1000%を超える安心企業です。

 公式サイト インヴァスト証券くりっく株365

取扱い投資商品と活用法

「インヴァスト証券」くりっく株365口座の取扱商品

 くりっく株365口座では、当然「くりっく株365」のみを扱っています。

 (インヴァスト証券は、FX、くりっく株365、CFDを扱っています。)

 投資できる株価指数は、
 日経225、DAX(ドイツ)、FTSE100(英国)、FTSE 中国 25、
 FTSE TWSE 台湾 50(現在上場延期中)。

活用方法

 資産運用で、くりっく株365を利用する場合、インヴァスト証券の口座でなければならないことはありません。
 長期投資では、あまり複雑な事はしないので、どの業者でもかまいません。
 「インヴァスト証券の様な有名な会社に口座を作っておく方が安心できる」という程度です。

 くりっく株365の使い方としては、レバレッジを効かせて株価インデックスへ投資することです。
 くりっく株365は、資産クラス「日本株式」に入ります。
 普通、日経225に投資します。
 余裕があれば、他の指数へも投資して見ましょう。

 長期投資する時には、レバレッジを1.5倍くらいにしておく方が無難です。

 複利運用は、価格差益においては、何もしなくても勝手になります。インデックスファンドと同じだと考えてください。
 ただ、配当金相当額は、自分で再投資しなくてはなりません。
 最低投資額分、貯まったら新たに1枚買うようにします。

 参考までに、くりっく株365投資に必要な資金額を掲載しておきます。
 相場(株価指数)によって、変わります。
 (計算方法 1枚買うのに必要な資金額=株価指数×100÷レバレッジ)

投資に必要な資金額(1枚)2011.01.25
株価指数 レバレッジ1.5倍 レバレッジ1.8倍
日経225 66万円 55万円
DAX(ドイツ) 46万円 38万円
FTSE100(英国) 40万円 33万円
FTSE 中国 25 125万円 105万円
FTSE TWSE 台湾 50 取り扱い延期

 1枚買うためには、数十万円必要になります。
 投資資金が少ない人は、インデックスファンドか、ETFで積立てておき、ある程度の金額が貯まったら、「くりっく株365」へ乗り換えるのも一案です。

 公式サイト インヴァスト証券くりっく株365

手数料など、サービス一覧(2011年1月時点)

手数料

取引手数料
インターネット注文 電話注文
210円 420円

入出金手数料
種類 入金 出金
銀行振込 クイック入金サービス
手数料 全額
自己負担
無料 無料
対応銀行 全部 ・楽天銀行
・みずほ銀行
全部

 公式サイト インヴァスト証券くりっく株365


 ⇒ 資産運用口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.SBI証券
2.カブドットコム証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

(C) お金増やす計画.net