お金増やす計画net1000万円貯める>(2)年率10%(FX)

年率10%(FX)で1000万円貯める

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
1000万円の資産運用
  1. 1000万円貯める
  2. 1000万円を10年運用
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編

 年率10%で、
 毎月5万円を投資(貯蓄)する場合
 11年間(1年複利)で
 1000万円を超えます。

 内訳は
 元本 660万円
 利益 391万8700円
 元利合計 1051万8700円

 年率10%を単純に12ヶ月で割って、毎月複利の計算をすると
 9年10ヶ月の運用で
 1000万円を超えます。
 元本は、わずか590万円です。

1.FXはどんな商品か?

 FXは、為替レートへ投資する商品です。
 為替差益が利益になります。
 また、スワップ金利と呼ばれる金利益も受け取れます。

 為替レートへ投資することを、「ポジションを建てる」といいます。

 「買い」からはじめて、「売り」で決済する場合、
 「買いポジションを建てる」といいます。

 そして、最大の特徴は、
 レバレッジをかけて投資できることです。
 レバレッジの倍数だけ、運用率を高くすることができます。

 FXの豪ドル円では、
 買いポジションを建てたままにして決済しなければ、
 毎日スワップ金利が受け取れます。

 受け取れるスワップ金利は一定ではありません。
 通貨ペア両国の金利の影響を受けて低くなったり高くなったりします。
 過去20年のリターンを調べると、豪ドル円は年率4%くらいになります。

レバレッジ 豪ドル円の
スワップ金利による運用率
(過去リターン)
1倍 4%
1.5倍 6%
2倍 8%

2.どうやって為替差益を取るか?

 前のページ「年率5%(外貨MMF)」と同じことをすればいいのです。

ただし、レバレッジ2倍で!

 レバレッジ2倍なら、必要な運用資金は半分で済みます。
 ということは、
 同じ金額を投資した場合、豪ドルを2倍も買うことが出来ます。

 1豪ドル=76円の時に
 レバレッジ2倍で、1万豪ドルの買いポジションを建てるために
 必要な資金は、38万円です。

 年率8%のスワップ金利を受け取れるとすると
 1年で、3万0400円の利益になります。

 為替差益は、
 1万豪ドルにつき、レートが1円上昇するごとに1万円の利益になります。

前ページ「年率5%(外貨MMF)」のポイントのおさらい

 毎月5万円を投資することを想定して考えてみます。

 豪ドル円(他の通貨はよく分かりません)の場合、
 1豪ドル=55円〜100円の間をいったりきたりする傾向が見られます。
 そのため、1豪ドル=80円前後のレートが多くなります。

買うタイミングは80円未満で!

 80円以上のレートが多いので、為替差益を得る機会が増えます。

 80円以上の相場が続き、買うことができなければ、銀行預金にして貯めておきましょう。
 数年の内に下落(円高)します。
 しかも、大暴落の可能性があります。60円前後のレートで買えるかもしれません。

売るタイミングは、目標の利益になるとき

 自分が得たい利益の目標を決めます。
 たとえば
 年率10%
 毎月1%
 などなど。

 その目標を達成できる場合、決済すればいいわけです。

 毎月積立による毎月複利の場合、年率による利益計算が面倒ですが
 その計算をしたものが下表です。

月利0.833%(年率10%÷12ヶ月)の毎月複利計算
運用 毎年の目標利益 利益 元本 元利合計
1年目 3万3500 3万3500円 60万 63万3500
2年目 9万9800 13万3300円 120万 133万3300
3年目 16万7700 30万1000円 180万 210万6300
4年目 25万9300 56万0300円 240万 296万0300
5年目 34万3300 90万3600円 300万 390万3600
6年目 44万2200 134万5800円 360万 494万5800
7年目 55万1100 189万6900円 420万 609万6900
8年目 67万1700 256万8600円 480万 736万8600
9年目 80万4800 337万3400円 540万 877万3400
10年目 95万1800 432万5200円 600万 1032万5200
11年目 111万4200 543万9400円 660万 1203万9400
12年目 129万3600 673万3000円 720万 1393万3000

 1豪ドル=76円の時、
 元本38万円で、1万豪ドルの買いポジションがたてられますから
 40万円(8ヶ月)投資した後に、このレートになればポジションを建てることが出来ます。

 その後、レートが1円上げるごとに、1万円の為替差益になります。
 3円上がって、79円になれば、3万円の利益になります。
 ほぼ1年目の目標利益になります。

 なかなか上昇しないかもしれませんが
 その時は、スワップ金利で、年率8%(その時の相場によるが)をえていけばいいわけです。

FXだからこそ可能なこと(外貨MMFとの違い)

 外貨MMFは、1日一回しか取引できません。

 しかし、FXの場合
 何回でも取引できます。

 たとえば
 朝、78円で買い、その日の昼に80円で売ることができます。
 さらに夕方、79円に下がったので買い、その夜、80円に上がったので売ることができます。
 1日で、3円の差益になったわけです。

 そのように何回でも、チャンスがあれば売買できるわけです。

3.ロスカットは大丈夫か?

 ロスカットとは、評価損が一定レベル貯まった場合、FX業者が強制的に決済するルールのことです。
 ロスカットになると、「購入レート×1万円×4%」程度しか残りません。レバレッジ2倍では元本の92%の損失となります。

 レバレッジが高ければ高いほど、ロスカットが発動しやすくなります。
 FXの長期投資で、損する人は、だいたいロスカットに合うからなのです。

レバレッジ2倍は、どうなのか、という話をしましょう。

 1豪ドル=80円未満で、ポジションを建てます。

 例えば、78円の場合
 レバレッジ2倍では、39万円で1万通貨買うことが出来ます。

 ロスカットになるには元本が
 購入レート×取引量×4%以下になるとロスカットですから
 78円×1万通貨×4%=3万1200円
 3万1200円以下になると、ロスカットです。

 元本が、3万1200円になるレートは
 購入レート−(購入レート÷レバレッジ)+(3万1200円÷1万)なので
 78円−(78円÷2)+3.12=42.12円

 1豪ドル=42.12円以下になるとロスカットです。

 豪ドルの過去最安値は、54.96円
 このレートを下回ることは考え難いです。
 もし、下回ることがあっても、数年に1回です。その時、42.12円を割り込む事があるかどうか。それはなんともいえません。

 私の感じとしては、まだ10年くらいは45円以下になることはないと思いますが。当てになりませんけどね(笑)

 ですから
 80円未満で買っている限り、レバレッジ2倍は安全な方だと考えられます。
 不安な方は、レバレッジを落とせばいいのです。
 1.8倍にしたり、1.5倍にしたり、自分が安心できるレバレッジで取引すればいいわけです。
 もちろん、レバレッジを低くすれば、為替差益を多く取らなくてはならないので大変にはなりますが…。

4.ポジションの最低単位と建て方

 豪ドル円での
 ポジションの建てられる最低単位は、
 1万通貨。

 なかには、1000通貨単位で取引できる業者もあります。

 ポジションを建てるときに必要な資金の計算は
 購入するレート×通貨量÷レバレッジ

 たとえば
 購入レート70円、1万通貨、レバレッジ2倍の時
 70円×1万÷2
 =35万円

 通貨量を1000通貨にした場合
 70円×1000÷2
 =3万5000円

 ポジションの建て方は
 ポジションが建てられる金額になるまで、ポジションは建てないようにしましょう。

FX業者 最低取引単位
(豪ドル円)
特徴
セントラル短資FX 1000 高い安心感。
スワップ金利業界トップ
サイバーエージェントFX 1000 スワップ金利業界トップ。
くりっく365口座もある

※関連ページ
 投資商品説明→ FX
※参考姉妹サイト
 スワップ運用を中心に
 リスクやレバレッジ、始め方、実際の運用方法の具体例等
 →年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

(1)年率5%(外貨MMF)
(2)年率10%(FX)
(3)年率10%(くりっく株365)

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

複利運用FX口座

(C) お金増やす計画.net資産運用/金儲け