お金増やす計画net1000万円貯める>(3)年率10%(くりっく株365)

年率10%(くりっく株365)で1000万円貯める

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
1000万円の資産運用
  1. 1000万円貯める
  2. 1000万円を10年運用
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編

 くりっく株365は、株価指数への投資なので、インデックスファンドを買うのと似ています。
 そのため、単純な長期保有で、毎月5万を投資して1000万円貯める場合、運用が不安定になります。「結局、普通に貯蓄していく方が早かった」ということになるかもしれません。

 年率10%の複利運用をおこうなった場合は、以下のようになります。

 年率10%で、
 毎月5万円を投資(貯蓄)する場合
 11年間(1年複利)で
 1000万円を超えます。

 内訳は
 元本 660万円
 利益 391万8700円
 元利合計 1051万8700円

 年率10%を単純に12ヶ月で割って、毎月複利の計算をすると
 9年10ヶ月の運用で
 1000万円を超えます。
 元本は、わずか590万円です。

1.くりっく株365はどんな商品か?

 株価指数に投資する商品です。

 用意してある指数は4つ(FTSE TWSE 台湾50は延期)。
  日経225
  DAX  ←ドイツ
  FTSE100  ←英国
  FTSE 中国25

 DAXを除く4つの指数は、配当相当額が受け取れます。

 外国の指数も円建てです。
 ちなみに、マーケットメイカーから提示される海外の指数は、為替リスクをスプレッドで調整しています。

 指数1=100円で計算されます。

 FXと同様にレバレッジをかけられます。
 レバレッジ1倍で、1枚買うには
 日経225=9500円の時
 9500円×100円
 =95万円

 レバレッジ2倍で買うなら、1枚=47.5万円。

 取引は、「○○枚」という単位で売買します。
 投資資金に応じて、2枚でも、3枚でも、売買できます。
 最大200枚(FTSE 中国25は25枚)。

インデックスから計算したリターン
指数 3年リターン
(年率)
15年リターン
(年率)
日経225 1.3% −5.3%
DAX ※ドイツ
(配当相当額なし・指数込み)
7.2% 5.7%
FTSE100 ※英国 8.2% 2.2%
FTSE 中国25
(香港証券取引所の25社)
17.2%
(配当込み)
なし
※2011年からの過去リターン

 株価指数は、毎年、上表のような年率で、上昇しています。
 つまり、毎年、複利運用されていると考えていいわけです。

 1枚買って放って置けば、指数は、複利で増えていきます。
 FTSE 中国25を買った場合、4年で2倍になります。

配当相当額はいくらもらえるのか?

2011年に支払われた配当相当額
種類 1月 10 11 12
日経225 32円 615 8541 0 40 863 40 527 6894 0 40 1238
FTSE100
 
※英国
450円 2354 2848 1412 3888 335 411 3621 1075 486 2981 208
FTSE
中国25
0円 0 0 10212 8899 20072 544 190 7859 854 0 0

種類 2011年1月の指数 配当相当額の1年分の合計 年率
日経225 10300 1万8830円 1.8%
FTSE100 ※英国 5900 2万0069円 3.4%
FTSE 中国25 19200 4万8630円 2.5%

 配当相当額は、実際の企業が株式配当と連動しているので、毎月支払われるわけではありません。

2.利益の取り方

 目標の確認をしておきます。

 このページでは
 長期投資による資産運用ではなく、
 なるべく短期間で、1000万円貯めることが目標です。

 運用資金は、毎月5万円(1年で60万円)。

 10年(元本600万円)で400万円の利益があればいいわけです。

配当相当額で年率10%を稼ぐには

 例えば、日経225の場合
 レバレッジ1倍で年率1.8%。
 レバレッジ5〜6倍で、年率10%になります。

 レバレッジ5倍ということは
 日経225=10000の時
 20万円で1枚買う、必要があります。

 2000ポイント下落すれば、ロスカット。
 日経225=8000になると、ロスカットです。
 ※ロスカットとは、評価損が一定レベルに達すると業者が強制的に決済してしまうことです。

 レバレッジ4倍だと、かなり厳しいでしょう。
 リスクが高すぎて、これを実行する勇気は私にはありません。

 レバレッジ2倍に抑えて、10%に足りない分を指数の上昇に期待する、という方法もあります。

 ですが、これは不確実で、指数の上昇だけで年率5%を毎年達成できるとは思えません。
 何十年でも投資する長期投資なら、こういう考え方でいいのですが…。

そこで、売却益を狙う

 のんびり長期投資というわけにはいかないので、売却益を狙いましょう。
 10年程度で1000万円貯めるのですから。

 短期売買という選択もあります。

 が
 それよりも、大きな下落を待つ作戦が良いと思えます。

 リーマンショックが2008年末、世界の株式市場を襲いました。
 世界の株価は軒並み下落。

種類 2008年10月リーマンショック 下落率 その後の
最安値
始値 安値
日経225 11396.61 6994.90 38.62% -
DAX
 ※ドイツ
5865.08 4014.60 31.55% 3588.89
(2009年3月)
FTSE100
 ※英国
4902.50 3665.21 25.23% 3460.71
(2009年3月)
FTSE 中国25 15000 8500 43.33% -
※FTSE 中国25の正確なデータは入手できませんでした。チャートによる目算です。

 リーマンショック後に世界経済は回復していきます。
 日経225: 2011年2月終値10624.09
 DAX: 2011年4月終値7514.46
 FTSE100: 2011年4月終値6069.90
 FTSE 中国25: 2011年4月 20400

 現在(2011年11月)の世界経済の状況は、不安定化しています。
  ・中国、インドバブルの崩壊懸念
  ・ユーロ圏各国のデフォルト懸念
 などがあり、いつ、どうなっても不思議ありません。

 日本にも、デフォルトの懸念がないわけではありません。

 実際に、数年に1回くらいは、リーマンショックのような大きな相場の下落が起こっていました。

 このような下落を待つのです。
 待っている間に、お金を貯めます。

 3年で180万円、5年で300万円も貯まります。

 株価指数が下落すると
 安く買えるので、たくさんの枚数のポジションを持つことが出来ます。

 レバレッジ2倍で買う場合
 もし日経225が、6000円になったら
 30万円で1枚買えます。
 300万円あれば、10枚買えます。

 日経225が9000円になれば、
 3000×100円×10枚=300万円の利益になります。

 くりっく株365の業者で有名なのは
 スター為替証券

※関連ページ
 投資商品説明→ くりっく株365(CFD)

(1)年率5%(外貨MMF)
(2)年率10%(FX)
(3)年率10%(くりっく株365)

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます。

複利運用FX口座

(C) お金増やす計画.net資産運用/金儲け