お金増やす計画net投資信託(ファンド)入門>1.投資信託(ファンド)の仕組み

投資信託(ファンド)の仕組み

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
資産運用の基本はインデックスファンドにある(*^^)v
インデックスファンドで資産運用
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編
FX業者を紹介。20口座を、スワップ、スプレッド、総合ポイント等で比較。(*^^)v
FX口座(FX業者)比較
 投資信託(ファンド)には
   販売会社
   運用会社
   信託銀行
 の3つの組織が関わります。

販売会社 投資信託(ファンド)を販売していいる会社。証券会社、銀行など
運用会社 投資信託(ファンド)を運用している会社
信託銀行 投資信託(ファンド)の中身である株式や債券を管理する会社

 コスト(手数料)は
 それぞれの会社へ支払われます。

コスト 何時 どこへ 解説
販売手数料 購入時 販売会社 販売時の説明やサービス代。
購入金額の○○%
信託報酬 保有中 販売会社・運用会社・信託銀行 運用代。
純資産に対して年率○○%
信託財産保留金 解約時 信託財産へ戻される 株式・債券を売却する手数料分を負担する

 外貨建て投資信託(ファンド)には
 信託報酬の代わりに、口座管理手数料がかかります。

 投資信託(ファンド)は
 投資家から
 運用資金を集めて、分散投資する商品です。

 個々には投資できる金額には限りがありますが
 多くの人から
 運用資金を集める事で
 いろいろな投資先へ分散が可能になるのです。

 運用方法によって
 2つのタイプに分けることができます。
   @パッシブ運用
   Aアクティブ運用

 @パッシブ運用というのは
 市場平均に連動させる運用を目指します。
 システム運用されることが多くコストが安くすみます。

 Aアクティブ運用とは
 市場平均を上回ことを目指して運用します。
 ファンドマネジャーがチームを組んで知恵を振り絞って運用されます。そのためコストは高くなります。

 投資信託(ファンド)は
 1万円くらいから購入できるので
 個人投資家も運用しやすいです。

 また、積立式もあるので、
 「毎月いくら」と設定しておけば、お金を口座へ入れておけば
 あとは、勝手に運用してくれます。


   1.投資信託(ファンド)の仕組み
⇒2.目論見書の読み方
   3.投資信託(ファンド)選び方@パッシブ運用
   4.投資信託(ファンド)選び方A純資産総額
   5.投資信託(ファンド)選び方Bコスト
   6.投資信託(ファンド)選び方C分配金

   ・バランス型(国際分散投資)で増やす
   ・セゾン投信に、目論見書にないことも聞いちゃいました。


※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰属します。

アフィリエイトこんなワザで稼ぐ催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!速読ってどうよ!お金増やすモン

(C) お金増やす計画.net