お金増やす計画net投資信託(ファンド)入門>3.投資信託(ファンド)選び方@パッシブ運用

投資信託(ファンド)選び方@パッシブ運用

サイトマップ

1番人気SBI証券の活用法
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPIX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. かんたん相互リンク
  4. 資産運用でお金増やす
資産運用の基本はインデックスファンドにある(*^^)v
インデックスファンドで資産運用
分散等投資のポイントをまとめました。投資初心者でも、これで元本割れが怖くない(*^^)v
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編
分散投資webインデックスファンド 編
FX業者を紹介。20口座を、スワップ、スプレッド、総合ポイント等で比較。(*^^)v
FX口座(FX業者)比較
 パッシブ運用か、アクティブ運用か、を確認します。

 目論見書の「投資方針」を読めば、分かります。

 パッシブ運用であれば
 「インデックス(日経平均、TOPIXなど)に連動する投資成果を目指して運用します」と書いてあります。

 アクティブ運用であれば
 「ベンチマークを超える運用を目指します」と書いてあります。
 ベンチマークというのは、インデックスのことです。
 また、ベンチマーク云々と書いてない場合もあります。
 その際は、インデクッスに連動する成果を目指すと書いてなければ
 アクティブ運用だと思っていいです。

 まず
 最初に調べるのは、パッシブ運用か、アクティブ運用か、です。

 アクティブ運用の場合
 その投資信託(ファンド)は止めましょう。

 アクティブ運用の投資信託(ファンド)を
 アクティブファンドといいます。

 パッシブ運用の投資信託(ファンド)を
 インデックスファンドといいます。

 アクティブファンドは
 インデックスファンドの運用成績に、長期的には、勝てません。

 投資信託(ファンド)は
 長期間投資して、効果がある投資商品です。

 長期間運用して
 運用成績が、良いほうを選ぶのは当たり前です。

 竹川美奈子 著 「投資信託にだまされるな!〜本当に正しい投信の使い方 」p54に、こんな記述があります。
 2005年と2006年の年間騰落率ランキングを表にしたものを示して
  • 上位10本の投信名を挙げているのですが、両年を通じてランキング入りしている投信は1本もありません。
 アクティブファンドでは
 1年または、2年くらいは、インデックスファンドに勝てるかもしれませんが
 長期的に、勝ち続けることは不可能なのです。

 では、勝てる優良ファンドだけで運用していけばいいと思うかもしれませんが、「勝てるファンドを選ぶことはできない」という最大の問題点があります。

 勝てるファンドを選べるならだれも苦労しないのです。


   1.投資信託(ファンド)の仕組み
   2.目論見書の読み方
   3.投資信託(ファンド)選び方@パッシブ運用
⇒4.投資信託(ファンド)選び方A純資産総額
   5.投資信託(ファンド)選び方Bコスト
   6.投資信託(ファンド)選び方C分配金

   ・バランス型(国際分散投資)で増やす
   ・セゾン投信に、目論見書にないことも聞いちゃいました。


※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰属します。

アフィリエイトこんなワザで稼ぐ催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!速読ってどうよ!お金増やすモン

(C) お金増やす計画.net